創業177年の歴史が生んだ、食にこだわる醤油です
ホーム城戸家の食卓
城戸家の食卓
城戸家の食卓:2
2007年11月19日

昨日、京都では木枯らし一号が吹きました。

月初めまでは、季節はずれの暖かさだったのが、急激に冷え込み秋本番を通り越して冬支度を迫られているようですね!

京都の紅葉も、一期に色づき今が見頃となって参りました。私どもの近くにも紅葉の見所が多く、連日観光バスとすれ違う回数も増えてきました。

さて、こんなに寒くなると、お鍋が恋しくなってきましたね。

我が家でも、鍋料理が増えてきました。鍋に付き物と言えば、やっぱり「ぽんず」ですよね。

私が「ぽんず」を作るきっかけは、十数年前のことです。

とある料理屋さんで、仲間と鍋を囲みながら食事をしていた際、ぽんずが酸っぱくて話題が料理の話になってしまいました。

お酒の勢いも合ってか、醤油を作っている私が、みんなが納得できる「ぽんず」を作ると言ってしまったのがきっかけです。

元来、酸っぱいものが苦手な私にも合うものを作ろうと、何回も試作し、知人に試食してもらいながら試行錯誤の末に、やっと今の

味にたどり着きました。

それから、十数年、ようやく「ヤマキ京ぽんず」のファンの方が増えてきました。まだまだ口コミだけで販売しておりますが、この時期には欠かせないものとして、是非一度ご賞味してください。

2007年10月28日

はじめまして。

本ショップの店長の城戸です。

本日、毎年恒例の「花トピア大原野」の『咲くや市』が開催されました。 

花き団地で作られている「シクラメン」『パンジー」「ポインセチア」をはじめ「ハーブ類」や「様々な寄せ植え」等いっぱいの花の即売

会!模擬店では、よもぎ餅・おやき・サンドイッチ・コーヒー・手作りクッキー・採りたて野菜市等々いっぱいの催しの中、勿論私ども

も「ぽんず」「だし醤油」「白だし醤油」を販売しました。今回は、我が家の長女と近所の双子ちゃん応援も相まって、秋晴れの中、

朝早くから多くの来場者の中、大盛況でした。